<3> 鶴を折る。

     折紙が準備できたら、とにかく鶴を折ります!!
     必要数より多めに折っておくと安心でしょう。
     製作時間に余裕があるなら、綺麗に折れたものとそうじゃないもので分けて、
     綺麗じゃなかったものはもう一度折り直してもいいですね。

     鶴を折るときに注意したいことは↓コレ↓です。大人数で折るならなおさら注意してくださいね。

    注意点
    ↑ クリックすると大きく表示されます。


 <4> 鶴が折れたら色分けして仕分けします。

     テグスに繋げるときにわかりやすい・やりやすいよう、1本のテグスごとに必要な鶴の色・数を分けておきます。

    仕分け1   仕分け2
    ↑クリックすると大きく表示されます。

     私はめんどくさくても小袋に分けて入れておきました。その方が間違いがないと思ったので。
     <2>で各色の必要数を数えたとき、ついでにタテ1本ずつ、色と数を順番にメモっておきました。
     見た通りのメモですが、実際に繋げるときは下(付箋の下の数字)からです。

     ※付箋にある数字・・・□に数字は設計図のタテの番号。
                その下の数字は鶴の数。○印の数字は黄色、無印は青色の鶴。


 

***** Copyright(c) 2010-2017 ゆずりは@漂流楼閣,All Rights Reserved *****